顧問税理士を変更するには

顧問税理士を変えたいときはどうする?

顧問契約を解約する

顧問税理士とは、顧問契約を結んだ税理士のことを言います。
税理士との顧問契約とは、税理士と継続的な契約を結ぶことになります。
月ごとに一定額の報酬の支払うことにより、税理や会計に関係するサービスを受けることができるというものです。
契約の内容によって変わってきますが、顧問弁護士がいると、年に何度もある税務関係の手続きの代行や相談、経営状況の報告やアドバイスなどを行ってもらえます。

顧問弁護士は、事業を行っているならば必ず必要という訳ではありません。
しかし、税金関係の手続きはとても複雑なので、税理士に依頼して代わりにやってもらう方が無難です。
銀行に借り入れを行う際にも、顧問税理士がいる方が良いです。
銀行に借り入れを行う際には、様々な書類の提出が求められます。
場合によっては、昔の決算書や今の試算表の提出を求められることもあります。
顧問契約を結んだ税理士がいると、試算表を作成する際に指導してもらえます。
銀行から説明を求められた場合、答えられないときには税理士に確認することができます。

税理士に仕事を頼む場合には、必ず顧問契約を結ばなければならないわけではありません。
事務所にもよりますが、スポット相談で税理士に単発で相談することができます。

税理士と顧問契約を結ぶタイミングは、事業の売り上げが1000万円以上になったときになります。
売り上げが1000万円以上になった場合には、消費税を納めなければなりません。
納める消費税の計算は複雑になりますので、税理士に頼む方が無難です。

売り上げが1000万円以上になった場合には、法人化した方が節約になります。