顧問税理士を変更するには

>

税理士の顧問契約とは

税理士を変更する理由

税理士の変更する理由は色々あります。
税理士への報酬が高いことや顧問契約を結んだ税理士との年齢差があるなどで話が合わない。
顧問契約を結んだ税理士事務所が閉まった、税理士が仕事ができなくなってしまった。
事業の規模が大きくなったからや事業の方向性が変わったから、税理士事務所で担当の税理士が変更されたなどがあります。

色々ある理由の中で、税理士を変更する理由の多いのは、税理士に対しての不満からになります。
相談した際の返事が遅いことや相談の際の税理士からの対応が悪い、アドバイスを受けて作成した書類が税務調査の際に指摘を多く受けたなどがあります。
税理士を変えたいという人は、税理士への不満から、税理士の変更を考える場合が多いです。

変更するには

顧問契約を結んだ税理士の変更は、何時でも行うことができます。
契約期間の満期で解約することの方が望ましいですが、契約期間内の途中であったとしても税理士との顧問契約は解約することができます。
しかし、契約内容によっては、解約する際には事前に解約の三か月前に通知しておかないといけないとなっている場合があります。
その場合でも、契約期間中に顧問契約を解約することができますが、解約すると違約金を支払うことになる可能性があります。
解約する何か月前に通知しておかないといけないなどの決まりがある場合には、すぐに顧問契約を解約することができません。
なので、顧問契約の解約を頭に思い浮かべた際には、契約書の内容を改めて確認しておきましょう。


このコラムをシェアする