顧問税理士を変更するには

>

税理士がいない状態にならないようにする

税理士に顧問契約の解約の伝え方

契約期間が満期になったタイミングで、顧問税理士の変更を願い出る方が無難で、角が立ちにくいです。

顧問税理士を変更する際には、税理士を変更したいと伝えましょう。
変更を願い伝えた際に、税理士の人と何らかの波風がたってしまうのでは、不安に思ってしまいます。
顧問契約を結んだ税理士に顧問契約の変更を伝える際に、どのように申し出たらよいのかわからない、という場合には身内や取引先を理由にすると良いです。

親戚などの身内の人が税理士事務所を開業したのでや、取引先から税理士を指定されたからなどのような理由を伝えると良いです。
一般的に、身内を優先するのは仕方がないと思うものです。
取引先の要求を呑むのも仕事をする上では仕方ないと思ってくれます。

変更の際に気を付けておくべき点

税理士の変更はいつでも行うことができますが、やはり決算が終わったタイミングで変更する方が良いです。

顧問契約期間の途中で、顧問税理士を変更する場合には、契約内容を確認しておきましょう。
契約内容によっては、解約する数か月前に告知しておかなければならないとなっていることがあります。
また、報酬の支払いについてもいつまでを支払うのか、話し合っておきましょう。
場合によっては、現在顧問契約している税理士と新しく顧問契約をした税理士と合わせて、報酬を支払うことになるからです。

税理士を変更する際には、預けていた書類を忘れずに全て返却してもらいましょう。
請求書や総勘定元帳の二つは、会社で保管しておかないと行けないものです。
給与に関係する扶養控除等申告書などのような書類は、税理士に年末調整時に渡したままになっていることが多いです。


このコラムをシェアする